プロフィール

うっぴぃ

Author:うっぴぃ
はじめまして。運営人のうっぴぃです。

私は30代の主婦です。家事の合間にいろいろなダイエットを試して見ましたが、そのたびに失敗してしまいました。

どんなに運動しても効果なし。運動してお腹が減ってまた食べちゃうことの繰り返し...

みるみる5キロ6キロと増えてしまい、鏡を見るのも憂鬱な日々。

自分に自信が無くなって、何をするにも気力が無くなって来た頃....ある日分かってしまったのです!

私はダイエットに関してとんでもない間違いをしてしまっていたことを!!!

本当に必要なのは「絶対にリバウンドしないキラキラボディの体質」だったのです!(^^)

キラキラボディを手に入れるには?...!!!

それに気付いてからどんどん痩せていき、もう鏡を見ても暗い気持ちにはならなくなりました。

スリムパンツがスッとはける喜び♪おしゃれにも生活にもハリが出てきますよ。

このブログをダイエットの備忘録として、いつでもお気軽に活用してくださいね。



ダイエット食品最新情報!
ダイエット食品に関する最新情報をダイエットRSSで表示しています。

最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:--
Trackback:(-) | Comments:(-)
ダイエット、何から始めたらいい?
さまざまなダイエットを何回も繰り返し、なかなか痩せなくなってしまった方、いらっしゃいませんか?

これは、何度も行ったダイエットにより筋肉部分が減少し、脂質が増えているという現象かもしれません。

間違ったダイエットは、脂肪だけではなく、脂肪を燃焼させるために重要な働きをする筋肉まで減少させてしまうのです。

よく「下半身浴ダイエット」と言いますが、お風呂などの消費カロリーは微々たるものです。体脂肪の燃焼で体重が減るまでは行きません。
もちろん、下半身浴にはダイエット中の精神的ストレスを和らげる効果は十分ありますので、積極的に取り入れると良いと思います。

では、ダイエットするには、一体何から始めればいいの?

その疑問にズバリお答えしましょう!!

まず自分が一日に食べている食事をすべて書き、カロリーの計算をして見ましょう。これは、医学的にも「行動療法」と言って、まず自分がどのくらいのカロリーを摂取しているかを認識することが大変大事になります。

カロリー計算と一日の食事内容によって、どのくらいのカロリーでどう体重が変わり、体調が変わるかがわかります。

他に良く噛む、夜更かしなど自分の悪い所をすこしずつ認識して直していくのです。

こうした自己認識は「健康的なダイエットの最初の一歩」だと思ってください。

あまりに急激なダイエットは2年の経過をたどれば殆どが元に戻ってしまうようです。こうしたことを防ぐためにもバランスの取れた食事で焦らずに健康を保ちつつダイエットを心がけましょう。

食品の摂取カロリー計算は下記ページで簡単に調べることができます。
食品の摂取カロリー計算



ダイエットとは? | 2006-12-02(Sat) 14:45:46
Trackback:(3) | Comments:(2)
リバウンドについて
リバウンドとは、ダイエット後に体重がダイエット前もしくはそれ以上に増加する現象を言います。

日本人ダイエット経験者対象のアンケート調査では、60 %以上がリバウンドを経験したそうです。

何が原因でリバウンドしてしまうのでしょう?

大きく分けると2つの原因があります。

1.体内エネルギーの効率化
2.満腹感の変化


このうち1の「体内エネルギーの効率化」は人間の持つホメオスタシスという機能が働いているそうです。
食事量を減らすダイエットを始め、 1ヶ月以内に体重が 5%以上減ると ホメオスタシスが最大限に働きます。

仮に食事量を 100 → 90 に減らしてもホメオスタシスが働き、 エネルギーの吸収率を上げ、消費エネルギーを減少させることにより 体内では食事量 90 でも食事量 100 を摂っていることと同じ状態を保ってしまいます。

やがて、栄養吸収量とエネルギー消費量のバランスがとれると ダイエットが停滞。そこで多くの人がダイエットを諦め、食事量をダイエット前に戻すと「リバウンド」してしまうことになります。


2の「満腹感の変化」には、レプチンという物質が関わってきます。満腹を感じさせるレプチンの量、 レプチンのセットポイントと脂肪吸収量が ホメオスタシスによってズレるため満腹感が変わってしまうことによって、食事量が増えてしまうのです。 レプチンとは全ての脂肪細胞に脂肪が吸収された時点で 我々に満腹感を感じさせる物質のこと。


この2つの要素を抑えるには、

1.一度に減らす体重の量を1ヶ月に 5%以内に抑える
2.減らした体重を最低でも1ヶ月維持する


ことがとっても重要!!忘れないようにメモりましょう!

さあ、リバウンドのメカニズムが分かりましたね。
ゆっくり長期的に続けるのがダイエット成功の秘訣です。

お互い頑張りましょう♪

FC2 Blog Rankingに参加しています!
応援クリック、おねがいしますね♪

相互リンク募集中です。よろしくお願いします~。


ダイエットとは? | 2006-10-08(Sun) 13:34:39
Trackback:(3) | Comments:(0)
こんな人いませんか?
肥満傾向の女性が口にする、ダイエットに踏み切れない言い訳で多いのが、

(1)「ほんの少ししか食べてないんですよ」
(2)「間食なんてほとんどしないのに」
(3)「水を飲んでも太る体質なんです」

こう言われては、せっかく効果のあるダイエット方法を話してみようとしていても、話しづらくなっちゃいますよね。

この誤った認識が、ダイエット開始を遅らせているのです。
ダイエットを始めるためには、まず真実を直視しなければいけません。


(1)「ほんの少ししか食べてないんですよ」...の真実
消費カロリーを下回る摂取カロリーでは肥満する筈がない
 事を認識していない。年齢とともに基礎代謝が低下しても
 以前と同じ食事のイメージが強く残っている。
 つまり若い頃と同じように食べてしまっている。

(2)「間食なんてほとんどしないのに」...の真実
 実際は食べているのにあまり認識できていない。
 食べているが医師の前では食べていないと言う。
 実際私も昼にこの言葉を言っていた女性が、夜になると
 猛然とドカ食いしていたのを目撃したことがあります。

(3)「水を飲んでも太る体質なんです」...の真実
 水にカロリーは無く、水を飲んだあとの体重増加を体脂肪の
 増加と同等に見ている。


こうした認識のもとでは自分の生活は悪くないという前提があるので、今の生活や運動習慣を改善しないでなにか別のダイエット法や健康食品に依存し易くなる傾向が見られます。

このあやまった認識が「ダイエット食品で失敗してしまう」こととなります。

常に自分を客観的に見るようにしたいですね。

FC2 Blog Rankingに参加中です♪
応援クリックお願いします。


ダイエットとは? | 2006-09-30(Sat) 15:39:07
Trackback:(1) | Comments:(2)
まず肥満について考えよう!
女性は、年齢とともに脂肪のつく場所に変化が見られます。
20代後半ごろまではヒップや太ももについていた脂肪が、それ以降はウエスト、腹部に脂肪がつきやすくなります。

俗に言う「洋梨型」という体型です。

ホルモンの分泌の変化や、体脂肪が増えることと、筋肉が落ちる事によって、カラダの中身が変化していきます。

その上、皮膚にハリがなくなってくるのと、重力との関係でヒップが垂れ下がってしまいます。

それを未然に防ぐには、余分な脂肪をためないことと、適度な筋肉をつけておくことが肝心です。

一度脂肪細胞が増えると、減る事はありません。

肥満の原因による分類は、大きく2種類に分けられます。




① 単純性肥満② 症候性肥満
原因ははっきりしてない何らかの疾患が原因となる
遺伝、食事、運動、環境 遺伝、食事、運動、環境
肥満全体の95%以上を占める肥満全体の5%以下である。



では、肥満の多くを占める「単純性肥満」の主な原因は何なのでしょうか?

単純性肥満の場合、遺伝因子に、食習慣、、社会、環境的因子、精神的因子、嗜好、運動不足などがからみあって発症すると考えられています。

  遺伝因子
  肥満になりやすい体質、要素が以下の項目と結びついて肥満となる  と考えられます。

 ①食習慣、嗜好
  不規則な食事や偏食。過食、多食(ドカ食い、早食い、夜間の多   食)、朝食の欠食
 
 ②社会・環境的因子
  社会的・経済的な地位がある場合や肥満した親に食生活のパターン  をそのまま伝えられた場合(刷り込み現象といいます)に過食にな  る傾向があります。

 ③精神的因子
  精神的な不安やストレスがある場合
  気晴らしとして過食に走ってしまいやすくなります。

 ④運動不足
  基礎代謝が低下し、エネルギーが蓄えられやすくなります。

 
このようなことが結びついて、結果、「肥満」ということになってしまいます。

遺伝因子はさておき、上の①~④の原因をできるだけ解消していくことが、キラキラボディへの第一歩ということになりそうですね。


この記事お役に立ちましたか?
FC2 Blog Ranking←応援のクリックをお願いします♪

             

ダイエットとは? | 2006-09-17(Sun) 14:25:53
Trackback:(0) | Comments:(0)
理想的なダイエットとは?
理想的なダイエットとは、

(1)食事の量を制限するのではなく、

(2)食物の質と食べるタイミングをコントロールすること、

(3)脂肪を効果的に落とす運動、脂肪が付きにくい体にするための運動、

この3つを科学的な裏付けのもとに平行して行うことで理想的な体を創ることです。

拍数が120/分(なんとかおしゃべりが出来るくらい)の運動を開始してから13分たって始めて脂肪は燃え始めるのです。

つまり、13分以下の運動ではやせないし心拍数が120以下でもやせないということです。

心拍数を120以上に上げれば上げただけたくさんの脂肪が燃えるかというと、そんなに変わらないというのが現実です。

脂肪が燃えやすいこのような運動を有酸素運動といって具体的にあげると、ジョギング・ウォーキング・水泳・自転車・エアロビクスなどです。

なるほど、心拍数が上がりすぎても効果がないということですね。
しかも、13分は続けないといけない。覚えておきましょう!

バレーボールガイド心・技・体」より引用させていただきました。


この記事、お役に立ちましたか?
あなたのクリックがこのブログを育てます。
FC2 Blog Ranking←応援クリック、お願いします。

ダイエットとは? | 2006-09-16(Sat) 16:23:19
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
カテゴリー
ダイエット記事検索
下のボックスに検索したいダイエットについて入力し、検索ボタンを押してね♪

Google

お気に入り
このブログをお気に入りに入れてくださる方はクリック♪
最近の記事
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2ブログランキングに参加中! 上のバナーをクリックして、
うっぴぃを応援してね♪
「一日一クリック」あなたのクリックが運営の励みになります。ヨロシクお願いします♪
RSSフィード
相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。